歯の矯正をするのにかかる費用

子供の矯正にかかる費用

子供の矯正は抜歯せずに済んだり、顎の成長も進むので後戻りしないことがメリットです。子供の矯正には第一期矯正と第二期矯正があります。
第一期矯正は乳歯と永久歯が混合している状態で小学校の低学年から中学年の時期に始めるのが目安です。永久歯がきちんと生えるようにバランスを整える治療となります。金額は個人の状態によって変わりますが、30万から50万ぐらいが目安となります。
第二期矯正は永久歯が生えそろった小学生高学年以降が対象となります。永久歯が生えそろってから、歯並びなど本格的に改善する部分をブラケットやワイヤーを使って治療します。第一期で治療が終わる子もいますが、第一期から第二期に移行する子も多数います。第二期矯正の治療費も個人差で変わってきますが、おおよそ40万から70万を目安に考えてください。

大人の矯正にかかる費用

大人の矯正の治療はさらに千差万別で、病院によったり、目立たないように工夫したものなどを使用するとさらに値段が上がります。
一般的な歯の表側にブラケットとワイヤーをつけて矯正する方法ですとおおよそ70万から100万円が目安となるでしょう。目立たないように透明や白色の装置を選択するとさらに10万から15万円アップします。
歯の裏側に付ける裏側矯正ですと表側とは違った特殊な装置になるため金額も上がります。100万から150万円ほどかかると考えておいた方が良いでしょう。
前歯など気になる部分だけできる部分矯正ですと期間も短く、価格も抑えて治療することができます。5万から30万程度でできますが、全体的な噛み合わせが改善されるわけではありません。
保険は利きませんが、美容目的でなく噛み合わせ改善のためなどの医療目的の治療ですと医療控除が受けられます。美容目的でないことを示す診断書や病院にかかった際の領収書が必要となりますので、なくさないように保管しておきましょう。